So-net無料ブログ作成

赤ちゃんの声から、離れた親機に音声とランプでお知らせ♪ 映像・室温・子守歌など多機能な 今どきの育児便利グッズ [子育て・介護・ペットに 遠隔 見守り・監視グッズ]

過去の経験などを踏まえ、このブログでは、防犯関連グッズの話を中心に書いているのだが、防犯モノの技術は、現在では、育児にも活用されているものも。そこで、今回は、育児に役立つ家電というか、監視システムを見てみたい。

なぜ、突然、育児なのかというと、昨年、結婚した従兄弟(いとこ)に子供ができたため。ちなみに、結婚後、1年ほどで生まれたため、できちゃった結婚でもない。ところが、新婚らしい初々しい印象もあまりなく。

従兄弟のお兄さんに、息子が生まれたばかりだが、本人は仕事が忙しく、子育ては専業主婦の奥さんに任せきり。そんな奥さんに、先月、久しぶりに会う機会があったのだが、なかなかの不機嫌な様子。

私とは、親戚と言っても、夫側の親戚だけに、ほとんどまともに会話したこともなく、遠い関係。それだけに、不機嫌なのも仕方のないことかと思ったのだが、そうではなく、大変な子育てを押し付けてという不満が大きく、夫への風当たりも強いという話。要するに、タイミングが悪かったようだ。

この奥さんの怒りも、もっともなところがあり、この従兄弟、仕事だからと奥さんに言っておきながら、密かに取引先と旅行に行ったりしている。女性は、勘が鋭いというだけに、ハッキリ分からなくても、怪しいと感覚的に分かるんじゃないだろうか。

それはそうと、奥さんの話では、夜泣きも大変だが、自分の時間がなかなか持てないのが辛いとのこと。昼間寝てても、子供のが気になり、気が休まらないというのだが、それなら、ネットワークカメラを使えば、とりあえず、離れたところからでも監視できると思うのだが、問題は、動きがあったときに知らせる機能がないこと。

例えば、部屋で、赤ちゃんが寝ているとすると、それをネットワークカメラで映しつつ、隣のパソコンでモニターし、寝ている間に自分の時間を有効に使うとすると、じっとパソコンやスマホを眺めているわけにもいかないため、映像が見えるだけでは、あまり便利ではない。赤ちゃんは、不快であれば泣き出すため、映像よりも、音が聞こえるかどうかの方が重要になる。

映像を監視できる製品はいくつもあるが、設置した場所の音を高感度に受信するなど、音に力を入れるものとなると、やはり、赤ちゃん向けの製品ということになる。これが、調べてみると洗練されており、機能的にも他にも使えそうなものも多い。

『日本育児 クマさんコール プレミアム デジタル 2WAY ベビーモニター』は、見た目が可愛らしく、クマが乗っているが、見かけによらず、なかなか多機能。

クマがいる方が子機なのだが、赤ちゃんのわずかな声も、携帯できる親機に音声として送信、ランプも点灯するため、聞こえ難い場所でも分かるようになっている。親機から子機に、音声を送ることもでき、双方向で会話も可。

それだけではなく、子供がいる場所の室温も親機で見ることができ、夏の暑い時期には、熱中症の心配もあるため、なかなか便利。さらに、親機からコントロールし、子機のクマをライトで光らせたり、子守唄を流すこともでき、親機には、ライトも付いている。

気になるのは通信距離だが、送信出力をLONGモードで約300m、省エネのECOモードで約150m。一般的な住宅なら、問題ないはず。当たり前と言えば当たり前だが、2つのアダプターが付属し、子機用と親機用。子機は、電池でも使えるため、場所を選ばず置ける。

メーカーは、日本育児 nihonikuji。子供があちこちへ行かないように囲う ベビーサークル、ベビーカー、おむつなどベビー用品を幅広く扱うメーカー。

同じような製品に、『タカラトミー 2WAY安心ベビーモニター ナイトランプ付』もある。こちらも、機能的にはほぼ同じで、双方向通信が可能で、子機からの音声が親機に伝われば、ランプも点灯し知らせ、子機がある場所の温度も分かる。半円形の子機には、ナイトライトもあり、子守唄も再生できる。

携帯する親機は、充電式だが、電池残量も表示され、一定以上の音量をカットするスリープ機能もある。大きな泣き声だけ、聞こえるようにすることができるということで、聞こえる音量の調節はできるが、静かじゃないと眠れないという方にはいいかもしれない。

この他、赤ちゃんの音声が聞こえ、LEDランプが点灯すれば十分だと、『タカラトミー デジタル安心ベビーモニター 1WAY』もある。こちらは、子守唄、ナイトライト、温度表示がないタイプ。

日本育児の『クマさんコール プレミアム』、タカラトミーの『デジタル安心ベビーモニター』も、盗聴防止機能があり、同様の機器が近くにあっても混線しない。共通するポイントとしては、クリアな音声を聞くことができ、音声を受信した際、ランプでも知らせるところ。

親機から会話しなければ、盗聴器のようにも使え、子供が何をしているかとか、子供同士で部屋で遊んでいるときに、いじめられたりしていないかなど、状況を音声で知るという使い方もあるにはある。

これについては、いい使い方かどうか、人により分かれるところだが、そういう話が全くない訳でもない。日本を代表する推理作家 山村美紗は、娘で女優 山村紅葉が子供の頃、本人に知られないよう盗聴器を取り付けれていたというのは、有名な話。

この他、映像も観れればとなると、『日本育児 デジタルカラー スマートビデオモニター3』もある。音声を感知すれば、親機に聞こえ、機能的には、『日本育児 クマさんコール プレミアム デジタル 2WAY ベビーモニター』を映像で観れるようにしたというもの。

室内が暗い状態でも、暗視カメラで寝ている状況を観ることもできる。子機の見た目が、ウェブカメラのようなものだけに、映像や音声だけと思われがちだが、子守唄の再生機能、温度センサーなども搭載され、親機から子機へ音声を流すこともできる。通信距離は、屋外で最大300m、室内 約50m。

違いとしては、音声認識機能の感度調節ができ、どのくらいの音になると親機の画面を点灯させるかを設定できる。こちらも、盗聴防止、混線しないようになっている。

対象が、『新生児から』という製品だが、暗視カメラ、ナイトビジョンで暗い中でも状況が分かり、コンパクトながら、映像も音声も分かる。どうしても、寝てる顔を観ないと安心できないという方には、ちょっと高めだが、こういう製品もあるというところ。

赤ちゃんを見守るだけではなく、性能的には、介護でも全く問題なく使えるため、活用の仕方は人それぞれ。昔観たアニメで、子供が勉強せずに部屋で遊んでいると、離れたところから映像でそれを観ている母親が、『勉強しなさい!』と怒るシーンがあったのだが、まさに、それが出来てしまう。

音声のみのタイプにしても、映像も観れるタイプでも、これと同じことを他の機器でやることを考えると、割高感はないくらい機能が充実しており、使い勝手も良さそうだ。私が夫だったら、こういう家電が好きということもあるが、すぐにでも買いそうな。

自分の兄弟だったら、日々の生活に関わることだし、イライラして揉めるくらいなら、使ってみたらとオススメするところだが。生活スタイルも人それぞれなため、従兄弟の奥さんには余計なことは言えない。


赤ちゃんの声など 携帯型の親機に伝える機器
   


nice!(291) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 291